2011年3月21日

かきなぐり

東北沖で地震が起こって10日以上が立ちました。

いろいろ考える事や思うことがあったのですが、トラフィックを汚してはならないと発言を控えていました。

もともとあんまりブログの更新もしていなかったし(笑)

この記事を見た方、自己満足の戯言をお赦しください。

 

テレビで地震の様子をみるたび悲しい気持ちになって、ぽっかり開いた心の大穴をどうやって埋めればいいのか混乱していました。

なんにもできない自分にいらだちを覚え、自分の生まれ育った土地で財産も思い出も全部持って行かれた気持ちを思って落ち込みました。

被災していない私がこんな気持なのだから、被災した人たちはもっと悲しい気持ちなのだろう。と、切なくなりました。

それなのに被災者の方々は、頑張ろう頑張ろうとしている。「私たちはボロボロだけど前に進みます。」といいます。

被災地で救助を行っているプロ、電気、交通など壊れたところを直しているプロ、その他被災地でカンバっている人々、本当にかっこよすぎ。

日本っていいじゃん!て思えました。

そして、「へこんでいられへんな。」「元気ださな。」そう思いました。

それでも、たまにテレビを見て泣いてしまいます。私が泣いてもどうしようもないのに。

今は、心のなかで「踏ん張って。頑張って。」と思って、募金をします。

 

 

世の中的には、良かれと思ってしていることが混乱をよんだり、今は被災者の立場を考えて控えるべきという言葉があったり

何が良いのか悪いのか、判断が難しい事になっています。

立場のある人やマスメディアが、簡単に、容赦なく叩かれます。頑張ってる人ですら非難されます。

せめて上から目線じゃなくて、同じ目線で 違わない?やめない?教えてくれない? と理解を求めて話せばいいのに。

そんな様子を見ると一般ピープルの私ですら、とてつもなく悩みます。

チキンハートなのでああ思われたらどうしよう、他の人を傷つけたらどうしよう。

そんな事ばっかり、考えすぎて良くわからなくなるくらい考えます。

(もともとそういう性格なのかもしれないけど。)

それでも自分の行動原理に、理由があれば判断もできるし行動にも移せるもんだなと思いました。当たり前のことなんだろうけど、なかなかそれが難しかった。

この記事書くのすら悩むくらいだから、次に進むのも亀の歩み。

のろのろスピードだけど、自分のペースで自分のできることをしたいと思います。

「はー、がんばろ。」

 

昨日、10日目にして助かった人が報道されていました。

本当によかった…。生きていた人が居なくなるのは本当に嫌だよ~。

go to top